先週から、とうとう東京オリンピックが始まりましたね。

始まる前は喧々諤々様々な議論が交わされていましたが、始まってみればアスリートの超人技に皆が夢中です。

決して順調とはいきませんでしたが、このまま誰もが笑顔で終われる祭典になれば良いですね。


ところで、今月は開会式があったこともあって中旬は四連休でした。

私もその恩恵を受け久々の連休でしたが(でも土曜は出社…)、その際に実家の押入れを整理していたら面白いものを発見しましたのでご紹介します。


その面白いものとは、ソウマトウ先生がかつて連載していた「ゆるコワガール!」です!!

扉


ソウマトウ先生の本格的な商業誌連載は「黒」が初めてでしたが、実は小規模な連載は何度があったんですよね。例えばリボンで連載された「マジョトキノコ」も、単行本化されてはいませんが連載という形式をとっていました。

この「ゆるコワガール!」もそんな作品の一つです。

本作品が掲載されたのは芳文社が誇る「まんがタイムきらら」。
「ゆるコワガール!」は2012年1月号から3月号まで掲載されました。

きらら表紙


なぜ私がこの雑誌を持っていたのかと言いますと、当時「けいおん!」にはまっていたこともあり定期的に読んでいたからです。

ただ毎月買っていたわけではなくて、この時は第100号ということもあって記念に買っただけでした。それがまさか、9年後にこういう形で引っ張り出すことになろうとは思ってもみませんでしたよ。

9年前の自分超グッジョブ!

ちなみにこの雑誌を探すきっかけとなったのはソウマトウ先生のHPです。先生の来歴が載っているページがあるのですが、そこに「ゆるコワガール!」がきららで連載していたことが書いてあったので探してみたわけです。

そこで押入れを漁ってみたらこの再会ですよ。「もしかして……」と思っていましたが、本当に見つかった時は凄く嬉しかったです。

しかも読んでみたら、この「ゆるコワガール!」を当時読んでいたことも思い出しました。

「シャドーハウス」よりも「ギリギリアウト」よりも「黒」よりも前に、ソウマトウ先生の作品に触れていた……!

自分自身のことなのに驚くばかりです。9年前の自分に会えたら、「お前この先生はちゃんとマークしとけよ」と教えたい気分ですね。

さてこの「ゆるコワガール」、本当は全ページご紹介したいところですが、それだと著作権的にアウトなので続きより一部だけご紹介します。

ではその他の作品の雑談も含みますので、続きよりどうぞ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「ゆるコワガール!」とは、簡単に説明すると"怪談が苦手な主人公とそれを取り巻く同級生たちの、ほんわかユルユルなギャグマンガ”です。

主人公はこの子、ひよりちゃんです。
(どことなくギリギリアウトのハナさんにそっくり。……ですよね?)
ひより

こんなかわいい子が怯える姿を堪能しよう!、というのが趣旨なのか分かりませんが、とにかく冒頭からこの調子です。

あれ?やっぱりこれ、ひよりちゃんの反応を楽しむ漫画じゃないかな…。

ゆるコワガール!初回


ただ主人公だけではなく、他にも個性豊かなキャラクターが勢揃いです。

ここでは一人、キョーコちゃんを紹介しましょう。
ゆるコワガール!(ルウ)

寡黙なところと髪型がルウを彷彿とさせます。左下のコマなんかそのままルウが言っていても違和感ないですね。まさかルウの原案はここから…!?
(※「黒」の連載前なので絶対ないです)


さて、先程も申し上げましたが、全ページ載せると大問題ですので本ブログではここまでと致します。

これ以外も気になる方は、将来ソウマトウ先生の全作品集が刊行されるのを願いましょう。私も1月号と2月号の内容が気になりますので、全力で将来に向けてソウマトウ先生を応援し続けます!!



……さて。

ただこれだけだと何だか締まりないので、「ゆるコワガール!」以外の作品もご紹介して本記事を終えるとしましょう。


まずは「ご注文はうさぎですか?」

ごちうさ

略称“ごちうさ”として有名なこの作品。
アニメ三期・OVA2作(うち1作は劇場公開)制作されるという、きらら作品の頂点と言ってもいい大ヒット作です。

きららMAXで連載されていますがきらら本誌でも単行本の宣伝がされており、偶然にも「ゆるコワガール!」の前ページでした。この頃はまだ第1巻も発売していなかったんですね。何だか不思議な気分です。


続いては私がきららを購入していたきっかけの「けいおん!」です。

けいおん!

当時の「けいおん!」は前年に映画が公開されるなど、きららだけではなくゼロ年代末期の日常系を牽引する存在でした。その旋風はまさに社会現象と言っても過言ではありません。

関連楽曲がヒットチャートを独占し、各種雑誌の表紙をジャックするアニメは果たして今後現れるのだろうか……。

もっとも、この頃はブームも少しは落ち着いてきていましたけどね。ちなみに当時は大学編として連載中でした。


最後は、まんがタイムきらら創刊から連載していた超長寿漫画「三者三葉」です。

三者三葉


連載期間はなんと2003年~2019年!

この頃はまさか、この作品が連載を終えるとは思っていませんでした。

連載が終了したのは平成30年12月です。令和時代を迎えることなく物語に幕を閉じた本作品は、まさに平成後期を駆け抜けたレジェンド作でした。


なんだかこうやって当時を振り返ると少し感慨深くなってきました。

9年間で一つの漫画雑誌がこれだけ様変わりするのですから、社会が大きく変わっていても何もおかしくないですよね。

実際に現実社会に目を向ければ、当時は東京オリンピックの招致はまだ決まっていませんでしたし、それどころかロンドンオリンピックさえまだ開幕していませんでした。

それが今となっては元号が変わり、あの頃想像もしていなかった暮らしが世の中では続いています。9年という月日が長いのか短いのかよく分からなくなってきました。


先程「ゆるコワガール!」と「ご注文はうさぎですか?」のページを載せましたが、片方の作者は順調にその後も快進撃を続けて作品がアニメ化し、もう片方の作者は幾つかの出版社と作品を経てアニメ化へと辿り着きました。

一ページを隔てる壁の高さを感じざるを得ませんが、ひょっとしたらこの二つの作品が逆だったらと考えると、運命とは定まりのないものだなあとつくづく思います。


しかしソウマトウ先生には悪いですが、そんな紆余曲折があったことでシャドーハウスに出会えたのだと考えると、変化することだって案外悪くないんじゃないかと思えてきました。

今もこうしてシャドーハウスが連載を続けているのが、それの何よりの証拠です。


さて、ちょっとまとまりがなくなってしまったのでこの辺にしましょう。何せまだまだ書きたい考察やら調査結果やらが沢山ありますからね。

以上、ソウマトウ先生の過去作「ゆるコワガール!」のご紹介でした!!