さて、またもや最新話の更新が近いというのに考察記事です。

今回は、第105話のラストでエミリコが遭遇した人物について書いていきたいと思います。

例によってネタバレを含みますので、続きよりお願い致します。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



第105話でエミリコが出会った人物とは、ラストでミラーサイドの湖畔で遭遇した人影のことです。

この人影はエミリコが声を掛けた瞬間にビクついて振り返るなど、怪しさ満点の人物でした。

おまけに、ストーリーを紐解いてみると

・第104話で荷造りしているエミリコの近くに潜んでいた。
・選別会でエミリコが着ている服とそっくりな服を着ている。
(=服をエミリコに渡した?)
・第10話でエミリコが修繕したぬいぐるみに姿が酷似している。


と、気になる要素が目白押しです。

顔を隠された謎の人影。
さては、これは劇中における最重要人物の登場か……!?


ただ考察記事と書いておきながら申し訳ないのですが、現時点でこの正体不明の人物を探る手掛かりはほぼないに等しいです。

前回も書きましたが全くノーヒントに近いです。私が機械だったら「コウサツフノウ(考察不能)」判定を出していることでしょう。これはもうお手上げ状態です。


しかしそんな風に投げっぱなしも良くないので、一つだけ言えることを書きたいと思います。

それは、『あの人影はケイトではない』ということです。

または、もしも仮にこれまで劇中で描かれた「ケイト」だったとしたら、彼女は記憶を失っているかそれに近い状態にある可能性が高いと思われることです。

或いは、特別な出自があるということでしょう。


では順を追って説明していきます。

確かに第105話の描写を見てみますと、件の人物はシャドーにも見えます。
顔が黒く、手には手袋をしているように見えるからです。

おまけに、これまで謎だった第10話のケイトのぬいぐるみに似ているとあれば、ケイト本人と考えても差し支えはないかも知れません。


ですが、そうするとケイトの今までの描写を振り返ると矛盾が生じるんですよね。


例えば、第48話でケイトはエミリコに「あなたにも帰るべき家があるの」と言っていますが、この台詞をそのまま受け止めれば、ケイトはシャドーハウスに来る前のエミリコに会ったことがないことになるからです。

それどころか、ケイトはシャドーハウスのシステムすら碌に知りません。

お披露目の時も詳細は知りませんでしたし、生き人形を珈琲で洗脳していることも知りませんでした。
「一体化」も「すす出し部屋」も「顔の見えない人形」についても知りませんでしたし、そう考えると、ケイトは特別なモーフがエミリコに擬態した存在と見た方が自然に思えます。

少なくとも、シャドーハウスから逃げてきた、または偵察のためにミラーサイドにやって来たということはまずないでしょう。
ましてや、ケイトは元々おじい様と共にある棟の「1階」の人物だったという可能性もないと思います。

よって、現時点では第105話でエミリコが出会った人影はケイトではない、というのが私の見解です。


ただ、そうは言ってもケイトに全く関係のない人物とも思えません。

なにせ、エミリコが濡らしたことでケイトが激怒するほど大切なぬいぐるみに似ているのですから、無関係とは言い切れないでしょう。
これに関しては、エミリコが当時のケイトに似せてぬいぐるみを作り、それをケイトが大切に持っていたと解釈することも可能です。

しかしそうすると、ラムが言っていた「館に私物は持っていけなくて…」という台詞がとてつもなくネックになるという、とんでもない罠が……。

もう一体全体どう考えたら良いのかと頭が痛いです。


ただケイトって、シャドーハウスのシステムは知らなくても生き人形は人間と知っていたり、偉大なるおじい様を「元凶」呼ばわりしているので、確かに館の外の知識はあるわけです。


ケイトの知識を整理すると、

・エミリコの過去は知らない
・シャドーハウスのシステムも知らない
・でも生き人形は人間と知っている
・シャドーにとって「牢獄」だと知っている

となるわけですが、これを第105話に当てはめようとすると、

『シャドーハウスの噂を聞いたことのあるエミリコに似た外部のシャドーが、たまたまミラーサイドでエミリコに会い、エミリコに擬態したモーフになりすまして館に潜入し、そしてシャドーハウスを改革するために反体制活動を始めた。(※但しエミリコの過去については忘れている)』

という感じにしかなりません。う~ん、無理があるか……。

最悪、湖畔でエミリコに会った時、ケイトはエミリコの出自を聞かなかったとすれば何とか整合性を保てる気もしますが……。


ただ、今までのケイトの描写と整合性のある設定があったとしても、

・なぜケイトはシャドーハウスが非道な場所だと知ったのか
・シャドーが館以外で生まれるのか
・なぜケイトはそうまでして館に潜入したのか
・私物持ち込み禁止なのにどうやって「大切なもの」を持ち込んだのか
・エミリコに服を渡した後どうしていたのか

と疑問だらけです。

ひょっとしたら、たまたまエミリコに擬態したモーフがミラーサイドに現れただけかも知れませんが、それだと綱渡り中にエミリコが見たのはシャドーということにもなり、観客席にシャドーがいるのを他の観客は不審に思わなかったのか……?


最早あっち立てればこっち立たずで、段々頭が混乱してきました!!


こうなってくると確実なのは、この出会いが超重要な主人公との邂逅であるということだけですね。

急ピッチで書き上げたのでまとまりのない記事になってしまい申し訳ないですが、今のところ私が考えているのは以上です。

いやはや、シャドーハウスには相変わらず振り回さっれぱなしです。


(最後に、最近情報解禁ラッシュなので種明かしの前に書いておきますが、恐らくシャドーハウスという館は、人間が作ったものだと私は考えています。これに関しては記事が出来次第上げようと思います。)